世界で一番推しが好き!

推しのために生きるのたのしいおたくのせいかつ

舞台「K-MISSING KING-」初日を観た話

Kステ初日を観ました。

出来事の詳細は皆様ご存知と思いますので割愛しますが、当たり前だけど初日を観たときはまさかこんなことになるなんて思いもしなかったので全く言葉が出ません。

私は初日しか観てないし、初日しか観れなかったので、私の中のKMKの記憶は初日に観たものだけです。だけど、あの完全な形のKMKはもう初日しか存在してないんですよね。2日目以降に初めて観劇された方の記憶にも、DVDにすら、私が観たものと同じものは存在し得ないことが不思議で、信じられなくて、だけどこの、呆然としている感情がなんなのか自分でも分かりません。

推しも出てないし、作品自体もめちゃくちゃ新規な私が初日の感想を書いていいものか迷いました。件の出来事もあって、良くない気持ちにさせてしまう方もいるかもしれないし。でも、限られた人の記憶にしかないものだからこそ書かなくちゃいけないような気もしたので、ここからは初日を観たKステファンの純粋な感想です。ネタバレありますよ!

 

会社退勤してガンダッシュして5分前滑り込みって感じで会場に到着したのですが、

前説あるなんて聴いてない!!!!

実は推しくんは先代秋山さんだったので、今回はどなたが秋山さんやるのか楽しみにしてたんですけど、開演する前に舞台に立ってる秋山さん!!しかもイケメン!!!めちゃくちゃ理想の秋山さん過ぎて、推しくん!!!これや!!秋山さんは関西弁で喋らへんのや!!って頭抱えました。

しかし前説にまでキャストが出てくるのも聴いてない………私、宗像礼司が好きなんですけど、今回キャストが変わったので不安半分楽しみ半分で来たのに突然の宗像礼司に頭が追いつかなくてリアルに泣きました。開演前なのに……。

 

プロジェクションマッピングがめちゃくちゃレベルアップして多様されていたのですが、それによってよりアニメに近い表現になってたところ、めちゃくちゃ良かったです。1章の雪のシーンはすごくキレイだった。あと、アンナちゃんの炎の翼が美しすぎて泣きました……(また)

Kステの何が好きって、原作の空気感をすごく繊細に表現してるところです。アンナの夢のシーンなんかは、あの光に満ちてるのにどこか物悲しい雰囲気がライトアップで美しく表現されててすごく良かった。プロジェクションの迫力が増したことで、王の力により説得力が出たし、何度も圧倒された。

ただ、人の動きがプロジェクションで映されると個人的に萎えてしまうので(ハイステのトラウマ)、人の動きで表現できるようなところまでやらなくてもいいんじゃないかなぁと思いました。アンサンブルの衣装替えとか大変なんだろうけど、殺陣とかアニメ的な動きをプロジェクション映像でやられるとしょぼくてちょっと冷めちゃう。

 

何人かキャストが変わったこともちょっと不安があったのですが、失礼承知で言うと、期待以上のお芝居を見せて頂いて本当に嬉しかった。

私は木戸さんのことをまだ赤ちゃんか何かと思ってるので、美咲と並ぶとめちゃくちゃバブくて歴代最も可愛い猿美だった。シロも先代が圧倒的だったので不安半分期待半分でしたが、特にヴァイスマンの時のお芝居がめちゃくちゃ良かったです……。

あと今回のアンサンブルさん、セプター4に割と身長合わせてて、セプター4並んだ時めちゃくちゃテンション上がりました。

紫ちゃんもめちゃくちゃ良かったです。最近舞台を見るご縁がなかったので燃えてるとこしか知らないし、私の紫ちゃんのイメージとはちょっと違ったので、正直1番大丈夫かなと思ってたのですが、流石だった。そこまで長身のイメージがなかったのですが、長刀の扱いがめちゃくちゃ美しかった。あそこまで長い刀、相当重いと思うし、身長高くないと難しいですよね? 役の入り込みも圧倒的な存在感も所作も流石としか言えなかった。めちゃくちゃ紫ちゃんだった……。ほんとに!めちゃくちゃ!良かったの!!!(語彙)

 

荒牧くんってすごく殺陣がお上手なのは知ってたんですが、最近本当に殺陣が上手い人って「下手な殺陣」も上手なことに気づきまして、荒牧くんも「下手な殺陣」がすごい上手なんですよね。自分の剣が何のために振るうべき剣なのかというのはKMKのクロのテーマですが、それに気づく前と後の殺陣が別人のように違って息をのみました。殺陣って攻撃する側・受ける側両方が上手くて初めて上手く見えると思っているので、紫ちゃんとクロの戦いは本当に圧巻で、時間も劇場版と同様たっぷりととってあったのもすごく良かった。ビルの壁で戦うシーンがどうなるのかと思ってたんですが、プロジェクションめちゃくちゃすごいですね。ちょっと酔ったけど……。

あと殺陣と言えば八田ちゃん~~~あのアンナを守って戦うシーンが本当に大好きです。末満さんが棒術大好きな人なので、案の定八田ちゃんの殺陣かなりエグかったですね……あれをこなせてた植田さんすごい。

 

あとこれ……すっごいネタバレですけど………最後のシーンあれ、ずるくないですか?????????エンディングも終わってWカテコを待ちわびてる中にあれはずるい。本当にずるい。宗像礼司のおたくを殺しにかかってるつらい。

ほんっとにしぬほどカッコよくて、思わず「うわっ」って声が漏れそうになりました…………………………いやしんどい…………………。

でもあのフラグの立て方は、2章!やりますよね?!??!???!??!

 

 

「初日」というものに対するキャストさん・スタッフさんの素晴らしいお仕事を見せて頂いたと思ったし、ますますKステが好きになって、このシリーズに対する信頼感も増しました。

舞台というのもはやはり、初日から千秋楽にかけて、お客さんの前で演じて回数を重ねることでどんどんブラッシュアップされていくものだと思うし、それが醍醐味のひとつだと思います。初日がダメという意味ではなく、初日の時点で100が限界だったものが、公演を追うごとにその限界値が110、120ってどんどん上がっていくものというか。

だけどKステは初日なのにこれが100なの?!?!って良い意味で思いました。初日の時点でここまでの洗練・完成されたものを見せてもらえて、末満さんやキャストさん、スタッフさんの作品に対する愛情やプライドを感じました。これが千秋楽までにどれだけのものになっていくのか、すごくワクワクした。予定何とかしてライビュ観に行けないかなとまで思ったしDVDも予約した。

でもこの時点で当たり前だと思っていたこの「完成されたKMK」がこの日、この公演以外存在しないことが悲しい。誰も悪くない、みんなが辛い出来事だから、どうしようも出来ない中で、スタッフさんやキャストさんが皆さんの今できる最大の手段を選ばれたと思います。だからこそ、あの初日のKMKを、あの先きっともっと素晴らしくなるしか考えられなかったKMKを、初日に来た以上のお客さんが観ることが出来ないことがすごく悔しいです。悔しいって言うとなんか誰かを責めてるみたいで嫌なんですけど……でもキャストさんもスタッフさんも、あのKMKをどれだけの気持ちで初日に作り上げたかを感じただけに、あのKMKの未来がもう存在していないことが本当に悔しいんです。もちろん一番悔しいのは紫ちゃんと佐々木さんのファンの方と、ご本人だと思いますが……本当に1日でも早い完治をお祈りしています。

 

Kステは今まで本当にいろいろあって「全員が無事に千秋楽を迎える」ということに、異常なほど全員が思い入れている舞台です。なのに、またこんなことが起こってしまって、舞台の怖さ、難しさを痛感します。もっと殺陣の多い舞台、動きの激しい舞台はたくさんあるのに、なんでKステばっかり……という気持ちは正直やっぱり否めない。どうかこれ以上何事もなく、無事に千秋楽を迎えられることをお祈りしています。